1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(31週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠後期(31週)

生理的なむくみやおなかの張りが出てきます

赤ちゃんは羊水を飲み込みながら、呼吸のような運動をしています。

聴覚が発達しているので、夫婦でどんどん語りかけましょう。ママのおなかは、さらに大きく重くなってきます。

生理的なむくみやおなかの張りが増えます

妊娠31週になりましたね。妊娠8カ月の4週目で、8カ月の最後の週になります。 子宮のてっぺん(子宮底)は、おへそを越えてみぞおちとの間くらいまで達します。妊娠8カ月ごろからは、おなかの中で赤ちゃんがどんな向きでいるのか、ママ自身にもかなりわかるようになります。 妊娠30週以降は、生理的におなかが張る症状が増えていきます。静かに横になるなど安静にして様子を見ていても、周期的な張りが続き間隔が短くなっていくときや、痛みや出血などの症状を伴う場合は、切迫早産の兆候であることも十分考えられるため、早急に産院に連絡する必要があります。

せり出したおなかが邪魔をして足元がますます見えにくくなってくるので、とくに段差のある場所を歩くときは、足元をさぐるように確認しながらゆっくり行動するようにしましょう。 手足にむくみは見られませんか? 妊娠後期は、下大静脈が大きくなった子宮に圧迫されるため、血液の流れが滞り、手足がむくみやすくなったり、気づいたら静脈瘤ができていたりすることも。とくに、妊娠中は体内の水分量が増えていくので、むくみを訴えるママは多いでしょう。夕方以降にむくみが発生しても、ひと晩経過したら治まっている程度なら、生理的な範囲内の症状なので心配はいりません。 また妊娠中は、ホルモンの変化の関係で、おりものの量が増えやすくなります。後期に入りお産が近づくと、さらに多くなることも。量が増えること以外で、においや色などに普段と違う変化が現れたら、産院で相談しましょう。

誕生後に備えて、肺呼吸の練習を始めます

おなかの赤ちゃんの成長【28~31週ごろ】

●心臓や肺、腎臓などの内臓器官や脳などの中枢神経の機能が充実してきます。

●聴覚がほぼ完成します。

●骨髄の働きもほぼ完全になります。

●誕生に備えて、横隔膜を上下させ呼吸に似た動き(呼吸様運動)をし始めます。

●体が大きくなるため、多くの赤ちゃんは広い骨盤の中に、大きな頭やおしりを入れて、たての向きになります。

赤ちゃんは横隔膜を上下させる呼吸様運動をし始めます。これは外界に出たときの呼吸の動きに似ています。聴覚がほぼ完成し、赤ちゃんへ語りかけるチャンスです。体も成長し、たて向きに位置するでしょう。

このころの超音波写真

おしり側から外性器の形がわかることもあります

女の子の外性器は、おしり側から見たときにわかることが多いでしょう。女の子の外性器は比較的28~33週ごろに見えやすく、男の子の外性器は、臨月まで見えることがあります。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る