1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(33週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠後期(33週)

胃もたれや頻尿など不快症状が出てきます

赤ちゃんは皮下脂肪がついて、ふっくらした体つきに!

大きくなった子宮に胃や膀胱が圧迫され、胃のむかつきや尿もれなど不快症状に悩まされるママも増えます。

動悸や息切れに悩まされたり、頻尿や尿もれなどのトラブルも

妊娠33週になりましたね。妊娠9カ月の2週目です。 子宮のてっぺん(子宮底)は、みぞおちあたりまで達します。そのため、胃が押し上げられて、終わったはずのつわりが再開したかのように胸やけするなどの症状が出る人も。食後に気持ちが悪くなったりする場合は、食べる量を減らし、何回かに分けてとることをおすすめします。ただし、1日に必要なカロリーをオーバーしないように注意しましょう。 そろそろ、階段を上ったりするときに、胸が苦しくなりませんか? この時期、動悸(どうき)や息切れに悩まされるママもいます。これは、胃と同様に心臓や肺も圧迫されるためです。また、子宮の下の膀胱が圧迫されて、頻尿になったり、せき込んだりしたときなど腹圧がかかった瞬間に尿もれしてしまうといったトラブルも多くなるでしょう。

妊娠週数が進むにしたがって、おなかの張りもさらに増えていきます。体重が増加していくと、体を動かしたあとは疲れがたまりやすくなります。疲労が蓄積すると、普段以上におなかが張りやすくなる可能性も。疲れが出てきたら、なるべく早めに安静にし、体を休めましょう。 日増しに大きくなっていくおなかを支えるために、足にもかなり負担がかかってきます。脚のつけ根が痛くなってきたり、つってしまったり、あるいは、むくみが悪化したと訴えるママもいるでしょう。 立ち上がると、反り返った姿勢が続くので、腰や背中は負担を強いられ、痛みがひどくなることもあるでしょう。つらい場合は、医師に相談しましょう。

肺の機能が完成し、体つきもふっくらしてきます

おなかの赤ちゃんの成長【32~35週ごろ】

●皮下脂肪が増え、体つきがふっくらして、外見的には新生児とほとんど同じようになってきます。

●35週になると肺の機能がほぼ完成に近づきます。

●胎児を保護する作用がある胎脂(皮膚からはがれた細胞や、皮脂腺からの分泌物が混じったもの)で全身が覆われます。

●髪の毛が長くなり、つめは指の先端まで伸びてきます。

ついに肺の機能が完成。皮下脂肪がついてふっくらとしてきます。生後すぐのころの赤ちゃんの外見に近いでしょう。循環する羊水量が少しずつ減って、子宮内で赤ちゃんが動くスペースも狭くなります。

このころの超音波写真

体が大きくなると体位を変えにくくなります

出産が近づいて体が大きくなると、赤ちゃんは体位を変えにくくなり、外性器は見えづらくなります。性別は、外性器の特徴が確認しやすい男の子のほうが判別しやすいでしょう。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る