1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(34週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠後期(34週)

大きくなった子宮による圧迫感があります

赤ちゃんは皮下脂肪がついて、ふっくらした体つきに!

大きくなった子宮に胃や膀胱が圧迫され、胃のむかつきや尿もれなど不快症状に悩まされるママも増えます。

お産が近づくにつれ、おなかの張りが出やすくなります

妊娠34週になりましたね。妊娠9カ月の3週目です。 お産が近くなるにつれて、おなかが張る回数もますます増えていきます。最近、疲れやすくなっていませんか? 体が重くなると、歩いたり動き回ったりしたあとはかなり疲れやすくなります。疲労がたまっていくと、余計おなかが張りやすくなる傾向も。疲れてきたら、無理をせず体を横にして、十分に休息をとりましょう。

子宮のてっぺん(子宮底)は、みぞおち付近まで上がってくるため、胃が押し上げられて、再びつわりが始まったかのように胸のムカつきなどの症状が出る人も。食事を一度に食べられなかったりする場合は、1回分の食事量を減らし、何回かに小分けしてとるようにするといいでしょう。ただし、1日のカロリー摂取量をオーバーしないように注意を。 胃と同じように心臓や肺のほうまで圧迫されるので、動悸や息切れなどの症状が出るママもいます。 一方、子宮の下側の膀胱が圧迫されて、トイレが近くなったり、くしゃみをしたときなどおなかに力が入った瞬間に尿もれしてしまう、といったトラブルも少なくないでしょう。 ますます大きくなっていくおなかを支えるために、足にも相当の負担がかかってきます。脚のつけ根が痛んだり、つってしまったり、あるいは、むくみがひどくなったママもいるでしょう。 直立時、背中の反り返りも目立ってきます。腰や背中は負担を強いられ、痛みが増すこともあるでしょう。つらいときは産院で相談を。

肺の機能が完成し、体つきもふっくらしてきます

おなかの赤ちゃんの成長【32~35週ごろ】

●皮下脂肪が増え、体つきがふっくらして、外見的には新生児とほとんど同じようになってきます。

●35週になると肺の機能がほぼ完成に近づきます。

●胎児を保護する作用がある胎脂(皮膚からはがれた細胞や、皮脂腺からの分泌物が混じったもの)で全身が覆われます。

●髪の毛が長くなり、つめは指の先端まで伸びてきます。

ついに肺の機能が完成。皮下脂肪がついてふっくらとしてきます。生後すぐのころの赤ちゃんの外見に近いでしょう。循環する羊水量が少しずつ減って、子宮内で赤ちゃんが動くスペースも狭くなります。

このころの超音波写真

腎臓などの内臓が鮮明に見えてきます

内臓のつくりがよく見えるようになります。背骨を挟んで見える、2つの黒いだ円が腎臓。赤ちゃんが飲み込んだ羊水は、体内の腎臓でろ過され、おしっことして羊水中に出されます。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る