1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(36週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠後期(36週)

臨月のおなか

あとはママの体が、お産の始まりを教えてくれますよ!

出産が近づくと、いつ生まれてもいいように赤ちゃんは骨盤のほうに下がってきます。

いよいよ臨月のスタートです! 子宮が下がり、胃がすっきりしてきます

妊娠36週になりましたね。妊娠10カ月のスタートです。いよいよお産を意識するようになる臨月に入りました。
出産が近づいてくると、みぞおちまで達していた子宮が、徐々に下がってきます。そのため、心臓や肺への圧迫が少しずつ解消され、動悸や息切れなどの症状が減っていきます。胃も圧迫感から解放され、食欲が通常の状態に戻ってきますが、体重が急激に増える時期なので、食べすぎには十分注意しましょう。 反対に、子宮の下側に位置する膀胱への圧迫は続くので、頻尿や尿もれの症状はよりひどくなる一方でしょう。お産が終わるまではしばらくの我慢です。

赤ちゃんが骨盤の中に下りてきて子宮の周囲を圧迫するため、脚のつけ根や恥骨に痛みを感じることもあります。骨盤の中に下りた赤ちゃんは動きが制限されるため、お産が近づくと胎動が多少弱く感じられる場合もあるでしょう。 お産の準備段階として、ホルモンの働きで産道がやわらかく変化し、骨盤の関節も緩んで広がり、赤ちゃんが産道を通りやすい状態になっていきます。 臨月に入ったら、お産の流れをきちんと確認し、お産に対する心の準備をしておくことも大切です。お産の始まる兆候である前駆陣痛やおしるし、破水は、そろそろ起こってもおかしくはありません。前駆陣痛やおしるしを確認しても、即お産が始まるわけではないのであわてなくても大丈夫です。破水が起きた場合は、早急に産院へ連絡しましょう。

骨盤の中に下がり、お産に向けた体位に

おなかの赤ちゃんの成長【36~40週ごろ】

●腎臓機能が成熟して、水分がしっかり処理されるようになり、肌は張りのあるピンク色になります。

●全身を覆っていた胎脂が少なくなります。皮下脂肪も十分につき、ふっくらした体つきに。

●あごを胸につけ、ひざをおなかに引き寄せ、生まれるときを待っています。

肝臓機能が成熟し、肌はピンク色に。お産が近づくと、赤ちゃんは骨盤のほうに下がってきます。いつ生まれても大丈夫なように、あごを胸につけ、おなかを引き寄せた姿勢を取ります。お産は目前です!

このころの超音波写真

子宮内で自由に動けなくなります

体が成長して、子宮内の余分なスペースが少なくなります。赤ちゃんは自由に動けなくなりますが、手足の動きは依然活発。超音波で写る部位も、体のどの部位かわかりづらいでしょう。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る