1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(39週)
  5. 妊婦の暮らしの基礎知識

妊娠後期(39週)

出産直前の不安をすっきりQ&A1

お産の不安解消Q&A1

お産についての気がかりや不安についてお答えします。

お産の不安

Q.陣痛の痛みに耐えられるか心配です
A.陣痛の痛みがずっと続くわけではありません
初めてお産をする人なら、陣痛に対する恐怖感は少なからずあるものです。ですが、陣痛に耐えられなくて、お産を放棄した人はいません。陣痛の痛みもお産の間中、ずっと続いているのではなく、陣痛と陣痛の間に痛みがまったくない時間があるのです。その間に十分に休んで、リラックスすることで、次の陣痛に向かうパワーも蓄えられるのです。ママだけでなく、赤ちゃんも一緒に頑張っていると思えば、乗り越えられます。これがあるとリラックスできる、というものがあれば、それを持っていくのもおすすめです。

Q.破水とおしっこの区別はつくものですか?
A.自己判断せず、破水かな?と思ったら産院へ
破水は赤ちゃんを包んでいる膜が破れて羊水が外に流れ出すこと。陣痛が始まる前に破水することもあります。破れた場所によって量が異なり、少量の場合は、尿モレとの判別が難しいものです。破水の特徴としては、持続的に繰り返し出る、生臭いにおいがするなどですが、判断がつかないときは、感染の心配があるので入浴は避け、清潔なナプキンをあてて、すぐに産院へ行きましょう。

Q.予定日を過ぎたらどうなるの?
A.赤ちゃんの状態を注意して観察します
出産予定日を過ぎるころになると、胎盤の機能が低下し始めます。胎盤は赤ちゃんに酸素と栄養を届ける大切な働きをしていますから、機能が低下すると、赤ちゃんの元気度が心配になってきます。とはいえ、予定日を過ぎるとすぐに胎盤の機能が落ちるわけではありません。健診の回数も増え、きちんと赤ちゃんの状態をチェックしていますから、心配はいりません。ただし、41週に入ってもお産が始まる兆候が見られない場合は、なんらかの対応を検討します。

愛育病院センター長 中林正雄先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る