1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠初期
  4. 妊娠初期(14週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠初期(14週)

器官が発育・発達して確認ができるように

つらかったつわりが治まり、食欲が出てくるころです。

胎盤が赤ちゃんとママをしっかりつないで、赤ちゃんの発達を応援します。

つわりが治まったころの、食欲増進には気をつけて

妊娠14週になりましたね。妊娠4カ月の3週目です。子宮の大きさは乳児の頭くらいになり、おなかのふくらみが出てくるころでしょう。妊娠15週ごろには、胎盤がほぼ完成します。そろそろ完成間近の14週で赤ちゃんはかなり安定してくるので、もう流産の心配はそれほどないといえるでしょう。
この時期は、体内のホルモンの状態も安定してくるので、基礎体温が下がっていきます。熱っぽさやだるさも軽減していくので、体調は改善されるでしょう。

つわりの症状は少しずつ落ち着いてきましたか?つわりが長引く人もいますが、多くの人は妊娠12~16週ごろに治まります。長い間つらい症状に悩まされてきたのに、ある日突然気分がよくなる人もいます。
つわりが治まると、食欲が回復します。でも、何を食べてもおいしく感じられるからといって、つい食べすぎてしまうと、体重が急に増えていく心配も。必要以上の体重増加は、妊娠中のさまざまなトラブルや難産などの原因になることも。つわりが終わったら、体重管理を始めましょう。妊娠のごく早い時期に起こる膀胱への圧迫が減り、頻尿などの症状が少なくなってくる場合も。それは、妊娠4カ月くらいになると、子宮は骨盤の比較的上部に上がってくるためです。

15週ごろに胎盤が完成します

おなかの赤ちゃんの成長【12~15週ごろ】

●器官の形成が終わり、これからは体や手足の骨、筋肉などが発達していきます。

●羊水の量が増え、その中で手足を動かすようになります。

●皮膚は不透明で厚くなります。

●男女の外性器ができます。

●目は閉じていますが、顔には胎毛が生え始め、口は開けたり閉じたりしています。

器官の形成が終わり、体や手足の骨、筋肉などがこれから発達してきます。羊水量が増えてきて、手足の動きもしだいに活発に。15週ごろに胎盤が完成し、赤ちゃんの発達はさらにスピードアップ!

このころの超音波写真

器官が発達して確認しやすくなります

赤ちゃんの背骨の1本1本がくっきりと見えます。器官が発達してきて確認しやすくなり、心臓や胃は黒い空洞のように写ります。胃には、上方にたまった液体(胃泡)が見えることも。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る