1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠初期
  4. 妊娠初期(7週)
  5. 妊婦の暮らしの基礎知識

妊娠初期(7週)

赤ちゃんは2頭身に。一気にヒトへ進化しています

つわりを上手に乗りきろう

つわりは、約8割の人が経験する妊娠初期に特有の不快症状。胃のむかつきや食べづわりを上手に乗りきりましょう。

症状はさまざま。つわりがない人もいます

つわりとひと口に言っても、症状は人それぞれです。
早い人では妊娠に気づく5週ごろから始まり、16週くらいまでに終わるのが一般的です。ただし、つわりの時期や症状の程度には個人差が大きく、10週くらいで終わる人もいれば、出産まで続く人も。中には、妊娠中まったくつわりを感じない人もいます。

食欲がなくても、脱水症状を避けるために水分をしっかりとりましょう。体の電解質を補うスポーツ飲料や、糖分を含んだ果実ジュースもOKですが、カロリーのとりすぎにつながるので、飲みすぎには注意を。「マイ水筒」に温かい麦茶などを入れ、持ち歩くのもおすすめです。ゼリーなどのど越しのよいものを冷蔵庫に常備しておいたり、果物を冷やしたり凍らせてシャーベットにすると口にしやすくなります。
食事ができないと、「赤ちゃんに栄養が行き届かないのでは?」と心配になるかもしれませんが、この時期の赤ちゃんは本当に小さく、まだ栄養のことを心配する必要はありません。赤ちゃんはつわりの時期もすくすく育っています。食べられるものを食べ、のんびり過ごしましょう。

胃もたれ・むかつき・吐きけを楽にする方法

バナナにはつわりを緩和するビタミンB6が含まれ、エネルギー補給にもなります。食べづわりの人は、空腹時の一時しのぎにガムをかむのも手。気分も紛れます。またトマトに含まれるクエン酸やリンゴ酸には胃のむかつきを抑える効果があります。

胃を圧迫しない

リクライニングチェアの背を倒してゆったりもたれるとラクになることも。ホットタオルやお湯を入れたペットボトル(ホット専用)を使って、おへそとみぞおちの間あたりをじんわり温めましょう。肩甲骨と肩甲骨の間を温めることで背中の筋肉がほぐれて楽になります。また、背中の交感神経節まわりの血流がよくなり自律神経のバランスも整います。

食べづわりを楽にする方法

きゅうり、大根、にんじんをスティック状に切り、そのままポリポリつまんで。口の中をさっぱりさせたいときは、レモンのはちみつ漬けがおすすめ。温かいお茶を少しずつ飲むと胃が落ち着くので、食べる前に少し飲んでみましょう。ゴルフボール大のおにぎりをラップにくるんでおくと食べたいときに食べられて便利。

食欲不振のとき つばが出るとき

梅干しには、胃腸の働きを活発にし食欲を増進させる効果が。1日1個を目安に。しょうがは胃の消化を促進させる香味野菜。血行を促進する作用もあります。つばが出る時にはレモン水でガラガラとうがいを。レモンの酸味で口の中がさっぱりします。食パンなど吸水性のあるパンを、口の中の唾液を吸い取るように食べてみて。

吐きけ・においが気になる

胃を伸ばしましょう。正座からひざを開いておしりを床につけて座り、両手をおしりの斜め後ろに置いて胸を伸ばすと、胃の部分も気持ちよく伸びてきます。太ももを伸ばしましょう。横向きに寝て、片方の足を曲げ、かかとをおしりにつけます。太ももの部分を意識してよく伸ばしましょう。反対の足も同じように行います。

においが気になる時には、電車内ではマスクをしましょう。電車の中は、香水、整髪料などさまざまなにおいでいっぱい。まずはマスクを。炊きたてごはんのにおいが苦手な人は、しばらく冷ましてから食べましょう。

愛育病院センター長 中林正雄先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る