1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠初期
  4. 妊娠初期(8週)
  5. 妊婦の暮らしの基礎知識

妊娠初期(8週)

赤ちゃんはぐんぐん成長しています

母子健康手帳を有効に活用しよう

母子健康手帳はママになるためのパスポート。内容をよく読んで理解し、きちんと記入しておくと、妊娠経過から出産、赤ちゃんの成長までひと目でわかります。

役所で母子健康手帳をもらいましょう

母子健康手帳は妊娠・出産の経過を記録したり、これから生まれてくる赤ちゃんの健康状態、発育・発達の様子、予防接種の履歴を残していくので、妊娠中から小学校入学ごろまで使う大切なもの。産院で妊娠と診断されたら、市区町村の役所に「妊娠届」を提出して手帳を交付してもらいましょう。場合によっては、産院からの証明書が必要なこともあるので、事前に確認が必要です。

独特の用語や見慣れない記号などが記されているので、まずはその意味を理解しましょう。そうすると、健診時に医師が記入した内容がわかるようになり、母子健康手帳を使いこなせるようになります。また、おなかが張る、破水や出血をするなどのトラブルはすべての妊婦に起こり得ることなので、妊婦健診のときだけでなく、いつも携帯していると万一のときも安心です。気がかりなことや質問したいことなどを記しておくと、健診時に医師などに確認しやすくてとても役立ちます。

母子健康手帳と一緒にもらえるもの

妊婦健康診査受診票をもらえます。基本的に妊婦健診の費用は全額自己負担ですが、ほとんどの市区町村では健診費用の一部を助成する制度があります。妊娠届を提出すると、この受診票も交付されるので産院で事前に相談の上、健診を受けるといいでしょう。
母親学級・両親学級の案内も一緒に支給されます。市区町村では定期的に「母親学級」や「両親学級」を開催しています。妊娠・出産・育児に役立つ情報を得たり、妊婦仲間をつくる機会でもあります。開催日の予定表も一緒に渡されるので、積極的に参加しましょう。

新生児連絡票は、必要事項を記入して保健所に送ります。保健所はその連絡票に沿って、出産後の新生児訪問や乳幼児健診、予防接種の案内状などを作成するので、忘れずに送りましょう。ママと赤ちゃんに向けた保健サービスや子育て支援などの情報、親になるためのアドバイスや子育ての心得などを書いた冊子ももらえます。
自治体によっては父子健康手帳や妊娠中に役立つグッズがもらえる場合もあります。
※自治体により異なる場合もあります。

愛育病院センター長 中林正雄先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る