1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠初期
  4. 妊娠初期(8週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠初期(8週)

赤ちゃんはぐんぐん成長しています

ママはつわりがつらい時期。赤ちゃんはぐんぐん成長中

つわりの症状が最もつらくなる時期。けれども、赤ちゃんは絨毛を通してママから栄養をもらっています。

つわりの人は、食べられるものを食べたいときに、少しずつ口にしましょう

妊娠8週になりましたね。妊娠3カ月のスタートです。正常な妊娠が確定し、担当医から指示されたら、早めに市町村役場や区役所に「妊娠届」を提出し、母子健康手帳をもらいましょう。母子健康手帳を手にしたら、ママと赤ちゃんの健康の記録も本格的にスタートです。つわりはありますか?そろそろつわりの症状がきつくなってきているかもしれません。水を飲んでも気分が悪く、体重減少の著しい人もいます。食べられるものを見つけ、食べたいときにちょっとずつでも口にできればいいでしょう。

このころの子宮はほんの少し大きくなり、鶏の卵の倍くらいの大きさになります。ママのおなかの印象は変わりませんが、下腹部に触れると、なんとなくふっくらしたイメージが伝わってくるでしょう。 子宮の変化に伴い、子宮の筋肉がちょっとずつ引き伸ばされるため、下腹部にチクチクとした軽い痛みや違和感を感じたりする場合があります。 ホルモンの影響で骨盤の中がうっ血しやすくなるので、腰が多少重たく感じられるようになる人も。また、同じ理由から、腸の働きが鈍くなるため、便秘がちになるママも出てくるでしょう。 胎盤は、まだ形成途中ですから、無理は禁物です。下腹部痛や出血が見られたら、安静にして産院に連絡しましょう。

ヒトの赤ちゃんとして成長をスタート!

おなかの赤ちゃんの成長【8~11週ごろ】

●妊娠10週になると、胎芽から、ヒトの赤ちゃんである胎児と呼ばれるようになります。

●しっぽは完全になくなり頭、足、胴が発達して3頭身に。

●まぶたや唇、歯のもとになる歯胚などができてきます。

●手足の指が分かれ、つめが生え始めます。

●肝臓、胃、腎臓などが働きだし、赤ちゃんは羊水を飲み、尿を排泄し始めます。

妊娠10週からはいよいよヒトの形をした胎児としての成長をスタート。2頭身から3頭身になり、体の部位や器官ができて徐々に動きだします。臓器が完成すると、赤ちゃんは羊水を飲み、おしっことして排出し始めます。

このころの超音波写真

胴の部分が細長くなってきます

赤ちゃんの心臓の動き(心拍)が、ピクピクとはっきり見て取れるようになります。2頭身の頭と胴体で、どちらが頭部かもわかるように。頭が大きめで、胴体は細長く見えます。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る