SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. お買いものNavi
  3. 出産準備
  4. たまひよの先輩ママ516人に聞いた!持って行って本当に役立った出産入院グッズベスト6

たまひよの先輩ママ516人に聞いた!持って行って本当に役立った出産入院グッズベスト6

更新

妊娠中の女性は、産院のためのバッグを梱包し、メモを作り、日記にリストをチェックします。
NataliaDeriabina/gettyimages

妊婦さん必見!先輩ママたちに聞いた「本当に役立った出産入院グッズ」をランキング形式でご紹介。そのほか「帝王切開で役立った」アイテムや「これもあってよかった」の声多数のグッズも紹介します。

出産入院中のママたちが「助かった…」アイテムはコレ

出産入院を経験した先輩ママたちが、「本当に役立ったグッズ」を教えてくれました。

第1位 産褥ショーツ

産後出血“悪露(おろ)”を受ける産褥パッドをつけて使うショーツ。「『2~3日しか使わないから』と2枚しか用意しなかったら、足りなくなった」といったママの声も。少し多めに用意したほうが安心です。

第2位 授乳クッション

赤ちゃんを乗せて使うとママの腕も疲れず、授乳しやすくなるクッション。授乳になれないと首や背中に負担がかかるので、これがあるとラク。

第3位 授乳ブラジャー

すぐ授乳できるように、乳房を出しやすい構造のブラジャー。母乳パッドがいらない吸水タイプのブラもあり。

第4位 産褥パッド

産褥ショーツにつけるパッド。悪露は生理の経血より多くの量が出ることがあるため、生地は大きく厚め。破水時にも使える。

第5位 ペットボトル用ストローつきキャップ

ペットボトルの飲み口に装着すると、寝たまま飲み物が飲めるため、陣痛中やベッドで休むときにあると便利。

第6位 円座クッション

中央に穴が開いたドーナツ型クッション。会陰切開した人や、会陰が避けた人は傷口が痛み、コレ無しでは椅子に座れないかも。「実はコレが一番使えた」というママも。

帝王切開で役立つアイテムランキング

次は帝王切開で役立つグッズをご紹介します。

第1位 マタニティショーツ

肌にやさしい素材を使ったり、絞めつけが少なかったりするマタニティショーツは、帝王切開後の傷に当たりにくく、産後も使えたというママが多数。

第2位 腹部保護帯(腹巻き

手術の縫合後つける腹巻き。一般的には医療用のものを産院でつけてもらう。中には、自分で持ち込むママも。

第3位 ペットボトル用ストローつきキャップ

術後しばらくは、傷が痛むので寝たまま飲めるストローがあると便利。売店にないことも多いので事前準備が〇。

第4位 汗ふきシート・体ふきシート

術後2~3日、タオルでの清拭はできますがシャワーを浴びられないこともあるので、持っておくと安心。

第5位 全開タイプの産褥ショーツ

予定帝王切開の場合、産褥ショーツはおなかまで開いて着脱しやすい“全開タイプ”がおすすめ。

番外編外「これもあってよかった!」

ランキング外でも、「これがあってよかった」という声が多かったグッズを紹介!

・スマホホルダークリップ

面会に制約がある場合、スマホを取り付けてハンドフリーでテレビ電話ができる。

・ミニ扇風機

陣痛中、“いきみ”などで暑くなるとき、うちわをあおぐよりラクに涼がとれる。

・ふりかけ

入院中、薄味の食事が続くときなど白米に振りかけて使った、というママも多いみたい。

・着圧ソックス

産後の脚のむくみに大活躍するアイテム。入院中ずっと履き続けたというママも。

・ヘアゴム

髪が長いママ必須。お産時や授乳時、髪が垂れてくるとストレスに。

・カフェインレスコーヒー

好きな飲み物のスティックやティーバッグがあると入院中にもホッと一息できて◎。

これから出産入院を控えていて不安…。そんなママはぜひ先輩ママの声を参考に、入院準備をしてみてください。心の準備にも役立ちますよ。

※ランキングは、たまひよインターネット調査(第1子が0カ月~1才11カ月の方宇516人/2020年12月実施)の結果をまとめたものです。

取材・文/たまごクラブ編集部

参考/『後期のたまごクラブ』2022年春号別冊付録「お産入院あってよかった!グッズ大調査」

※掲載している情報は2022年4月現在のものです。


『後期たまごクラブ』2022年春号には、「お産入院あってよかった!グッズ大調査」があります。

後期のたまごクラブ 2022年春号

たまひよSHOPで見る

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。