SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. お買いものNavi
  3. 産後の生活までラクになった、3兄弟ママが使ってよかったマタニティ向け“温活”グッズ

産後の生活までラクになった、3兄弟ママが使ってよかったマタニティ向け“温活”グッズ

9歳、4歳、0歳6ヵ月の男の子3兄弟を育てるフリーライター・MAKOです。
妊娠すると全身がむくみがちになり、顔色が悪くなる私。体の中の気・血・水の巡りの悪さを感じていましたが、大きくなったおなかに血管を圧迫されるのが原因のひとつと聞いて、妊娠中は仕方がないと諦めていました。

それが、効果はどうなんだろう? と思っていたマタニティ向けグッズを使ってみると、気になっていたむくみや冷えなどの症状が改善。妊娠中こそセルフケアが大切なんだと実感しました。グッズ購入にはあまり費用をかけたくなかったけれど、子どもたちのためにも元気でいよう! そんな気持ちで過ごした妊娠中、私が愛用したマタニティ向けグッズをご紹介します。

たまひよママの耳より立ち話(先輩ママ体験談)

身体にフィットするレギンスで、真夏の「冷え」対策

UNIQLO マタニティレギンス(10分丈)

第三子の妊娠がわかったのは真夏。じっとしていても暑さがきつい季節のはずですが、すぐに背中や腰のあたりに、体の冷えを感じるようになりました。はじめに腹巻きを試したものの、妊娠初期はおなかを圧迫されるとつわりがつらくなったので使用を断念。手の平で冷えたところをさすり、温めたりして過ごしていました。

UNIQLOのマタニティレギンスは、おなかのふくらみに気付きはじめた妊娠2ヵ月から3ヵ月にかけて、手持ちの服を着まわすために購入しました。これが本当にスグレモノで。
肌着を1枚重ね着したかのように腰周りをおおい、冷えをやわらげてくれたのです。通気性もよくて汗をかいてもムレ知らず、とても快適でした。生地の伸縮性が高くて肌触りもよく、臨月までどんどん変わっていく体型にも優しくフィットしてくれました。胸の下まで体をすっぽり包みこむフォルムですが、ゴムがないので締め付け感はありません。
出産後はおなか周りが緩くて着なくなりましたが、今でもあの肌触りが恋しいです。

マタニティレギンスをAmazonで探す


足が勝手に前へ! 歩行がスムーズになる骨盤ベルト

青葉 トコちゃんベルト2

妊娠3ヵ月頃から、デスクワークやウォーキングの後におしりに痛みを感じるようになってきました。困って助産師さんに相談したときにすすめられたのが、「トコちゃんベルト2」です。すぐに産院で購入しました。最初はあまり効果を実感できませんでしたが、妊娠週数が進み腰痛が悪化するにつれ、これ無しではいられなくなりました。

骨盤は、出産に向けて妊娠初期から徐々に緩み始めるそうです。「トコちゃんベルト2」の素材は、伸縮性のない厚手の生地。骨盤をがっちり包んで支えてくれるので背筋が自然に伸び、歩きやすくなったと感じました。腰痛がなくなり以前よりも動けるので、体の中の巡りもよくなったようです。
それまではいつも、夕方次男を保育所へ迎えに行く時間の腰痛がつらかったのですが、ベルトのおかげで気持ちよく歩けました。

産前 産後 トコちゃんベルト2 トコちゃんベルトII 紺 Mサイズ

Amazonで見る

楽天で見る


柔らかくてよく伸びる、大きなおなかでも苦しくない腹巻き

無印良品 綿であったかリブ編みはらまき

トコちゃんベルトは、強く締めると肌が擦れるのが悩みでした。下に腹巻きを着ければ肌が擦れないと助産師さんに教わり、最初は手持ちの腹巻きを使いましたが、つわり期はゴムで胃が圧迫されるのがつらくなり、着用できなくなりました。

「無印良品・綿であったかリブ編みはらまき」は、ゴムがないので苦しくなりません。リブのニット地が頭からかぶって着用できるくらいよく伸びて、おなかや腰のカーブに優しくフィットします。厚手なのでトコちゃんベルトの擦れも気になりませんでした。

また、保温効果も抜群です。診察室でサッと着替えられるように、妊婦健診の日はパンツスタイルではなく、スカートとレギンスを着ていたのですが、この腹巻きが寒い日の冷えを和らげてくれました。

無印良品 綿であったかリブ編みはらまきM~L チャコールグレー

Amazonで見る


妊娠初期から後期まで、体調に合わせたマタニティ向けグッズを活用

つわりが落ち着き、晴ればれとした気持ちで過ごせる安定期も、第二子のときまでは冷えに耐える日々でした。それが、マタニティ向けグッズを使うだけで、こんなに快適になるなんて。第三子の妊娠安定期は、瞬く間に過ぎていきました。

マタニティ向けグッズは自分しか使わないので、買うのは勿体ない、私がガマンすればいい、と思っていました。でもグッズを使って体を心地良い状態に保つことで、妊娠中の不快感が薄れ、肩の力を抜いて過ごせるようになりました。

産後も体の巡りを良くしたくて、セルフマッサージでケアしています。自分の体を気遣うことで適度に力を抜く方法を覚え、時間にも心にも余裕ができました。何より、子どもたちと過ごす時間が増えたことが、今は本当に嬉しいです。

[MAKO*プロフィール]
9歳、4歳、0歳6ヵ月の男の子3兄弟&夫との5人暮らし。スパイシーで甘いホットワインが恋しい、授乳中ママです。三男を出産して半年、なかなか進まない離乳食に奮闘しながら、フリーライターの活動を徐々に再開中。

※この記事は個人の体験記です。記事に掲載の画像はイメージです。

■関連:プレママ必見!産後も使えるユニクロのマタニティラインのアイテム集めてみた♪

■おすすめ記事
バイヤーに聞く!3COINSにマタニティアイテムが豊富なワケとは?

お買いもの

更新

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。