1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 逆さまつげ(さかさまつげ)

病気用語辞典

逆さまつげ(さかさまつげ)

こんな病気

 まつげが内側を向いて眼球の表面に触れている状態です。まつげが眼球を刺激するため、目やにや涙が多くなり、目が充血します。

治療&ケア

 自然に治ることが多いので、目やにが出たら抗菌薬入りの眼軟こうをつけて眼球を保護します。2才くらいになっても治らないときなどは手術をします。涙や目やにはほかの目の病気でも出るので、受診して原因をはっきりさせることが大切です。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

逆さまつげ(さかさまつげ) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

7カ月の息子の母親です。3カ月ごろから目やにが気になり、小児科や眼科で相談しながら目薬で症状を抑えてきました。目薬をすると数日で目やにが出なくなり、またしばらくすると目やにが出だして目薬をするという状態です。月齢が大きくなるにつれ、手も器用になり、目をゴシゴシこするようになりました。そのせいで目やにがひどくなり、医師からはこすらせないようにと言われました。目をこすりそうになったら、手をつないで遊んでみたりしてるのですが、少し目を離すとすぐ目をこすっています。何かこの行動を抑える方法があれば、教えていただけたらと思います。
赤ちゃんの行動を抑えるのは難しいですね。目をこする理由はなんでしょうか…
9カ月の娘の母です。娘には逆さまつげがあります。主人も子どものころ手術したらしく、いつの段階で病院にかかるか迷っています。まつげが目に入って視力が落ちたりしないかが、とくに心配です。
逆さまつげは、一部または全部のまつげが角膜のほうへ向かって…