1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん)

病気用語辞典

胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん)

こんな病気

 お母さんのおなかの中で赤ちゃんにストレスがかかると、赤ちゃんは羊水中にうんちをおもらししてしまいます。そのうんちを赤ちゃんが肺に吸い込んでしまうと、気管支が詰まって呼吸障害を起こします。出産直後から多呼吸、陥没呼吸、チアノーゼ(皮膚や唇の色が紫色になる)などの症状が表れます。

治療&ケア

 胎内で胎児が苦しくなっている(胎児ジストレス)ことがわかっていれば、早めに出産します。羊水中に胎便があったら、赤ちゃんが呼吸を始める前に気道から胎便を取り除きます。それでも呼吸が苦しそうなときは、気管支や肺の中をきれいにして、酸素吸入や人工呼吸器で呼吸を助け、肺炎の合併を防ぐために抗菌薬を投与します。合併症として、肺が破れたり(気胸=ききょう)することがあります。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…