1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 低酸素性虚血性脳症(ていさんそせいきょけつせいのうしょう)

病気用語辞典

低酸素性虚血性脳症(ていさんそせいきょけつせいのうしょう)

こんな病気

 何らかの原因で赤ちゃんの脳に届く酸素が不足したために、さまざまな脳神経障害を起こす病気です。元気がなくて、自分で呼吸ができなかったり、刺激への反応が乏しかったり、けいれんしたりするのが主な症状です。胎児期に血液の循環不全が繰り返し起こったことが原因になる場合が多いですが、出産時の一時的な低酸素状態が原因になることもあります。

治療&ケア

 呼吸障害には酸素吸入や人工呼吸を行い、けいれんには抗けいれん薬を投与します。後遺症が残ったときにはリハビリテーションを行います。赤ちゃんの脳は発育途中なので、大人の場合と違って、生まれたときに障害を受けた部位もほかの部位で代償できることがあります。専門医の指導を受けましょう。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

低酸素性虚血性脳症(ていさんそせいきょけつせいのうしょう) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…