1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)

病気用語辞典

溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)

発熱以外の症状

発疹(ほっしん)、のどの痛み、嘔吐(おうと)、いちご舌(ぜつ)

こんな病気

 溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)という細菌が原因で、突然の発熱、のどの痛み、全身に真っ赤な発疹が出る病気です。乳幼児によく見られます。風邪症状がないのに高熱がいきなり出て、のどが真っ赤に腫れます。発熱の2日後くらいに、赤くて細かいかゆみのある発疹が出て、その後、舌が真っ赤になりブツブツした感じになります(いちご舌)。発疹の終わりかけには、皮膚がポロポロむけることもあります。

治療&ケア

 ペニシリン系の抗菌薬を10日〜2週間服用します。飲み始めて2〜3日すると、のどの痛みや発疹などの症状は軽くなりますが、溶連菌はまだ残っており、急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん=腎臓の糸球体が抗原抗体反応を起こして発病する病気)やリウマチ熱の合併予防のため、医師の指示どおり薬はきちんと飲むことが重要です。 熱が高く、のどに痛みがあるため、水分はこまめに与えて脱水を予防しましょう。食事は飲み込みやすく、のどへの刺激が少ないものを与えましょう。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

1歳5カ月の息子がいます。うちの子は突発性発疹(とっぱつせいほっしん)を2回のほか、溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)、ヘルペス、ヘルパンギーナとよく感…
突発性発疹はほとんどのお子さんがかかります。これは…
「気になる症状 受診すべき?」……
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…