1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. おたふくかぜ(流行性耳下腺炎=りゅうこうせいじかせんえん)

病気用語辞典

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎=りゅうこうせいじかせんえん)

発熱以外の症状

耳下腺の腫(は)れ

こんな病気

 ムンプスウイルスの感染が原因で、耳の下が腫れて、おたふく顔になるのが特徴。幼児や学童がなりやすい病気です。突然、耳の下から頬、あごのあたりが腫れ、押したり食べ物をかんだりすると痛みます。耳下腺の腫れとともに発熱しますが、熱は出ないこともあります。予防接種を受けていても10%はおたふくかぜにかかりますが、症状は軽くすみます。

治療&ケア

 基本的には、治療をしなくても自然に治ります。口を開けると痛がり、水分が取れない場合は脱水の心配があるので受診してください。頬や耳の下を冷やすと痛みが和らぎます。無菌性髄膜炎、難聴、精巣炎(男の子)、卵巣炎(女の子)などの合併症を起こすことがあるため、1週間たっても熱や頭痛、不機嫌が続くなどの症状があるときは受診を。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎=りゅうこうせいじかせんえん) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

2カ月の男の子の母です。よく「生まれて6カ月くらいはおなかにいる間にお母さんから病気に対する抵抗力をもらって生まれてくる」と聞きますが、どのような病気の抵抗力を持っているのでしょうか?風邪などは低月齢の子でも感染するので、外出先ではどのようなことに注意をすればいいのでしょうか?
ママの胎内でもらった免疫で6カ月ごろまで有効なのは、麻疹、風疹、おたふくかぜなど…
1才4カ月の娘がいます。そろそろ水ぼうそうやおたふくかぜの予防接種をしようと思っているのですが、最近では2回接種になっています。10才離れた上の子がいるのですが、そのころは1回接種でした。今も上の子は感染したこともなく元気です。必ず2回接種したほうがいいでしょうか?しなければならないのであれば、園に入る前にしようとは思っています。
水ぼうそうの予防接種を受けると、7割くらいはかからずに済みますが、…
1歳6カ月の娘がいます。水ぼうそうとおたふくかぜの予防接種を受けようと思うのですが、病院によって費用が違うのはなぜなんでしょうか?数百円ならとくに気にならないのですが、水ぼうそうだと1回で2500円も差があります。かかりつけの病院だと費用が高めなので違う病院で接種しようかと考えていますが、やはりかかりつけの病院での接種がいいのでしょうか?ちなみに今までの予防接種はとくに何も問題なく接種できています。
保険診療、つまり病気で病院にかかった場合、初診料、再診料、検査料金などは…