1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. はしか(麻疹=ましん)

病気用語辞典

はしか(麻疹=ましん)

発疹以外の症状

せき、くしゃみ、鼻水、発熱、目やに、下痢

こんな病気

 麻疹(ましん)ウイルスが原因の感染力が非常に強い病気です。まず37〜38度の発熱、せき、くしゃみ、鼻水といった風邪に似た症状が現れ、熱はいったん下がります。その後、再び高熱が出ます。再発熱の2〜3日前に頬の内側の粘膜に、はしか特有の白いポツポツ(コプリック斑)ができます。また、顔や耳の後ろなどに4〜5mmの丸くて赤い発疹(ほっしん)が現れ、徐々に胸、おなか、背中、足先へと全身に広がっていきます。やがて発疹と発疹がくっついて網目状になります。せきもひどく、下痢を起こす子もいます。発疹が全身に出そろったころには熱が下がり、元気になってきます。

予防

 1才になったらすぐに風疹と一緒のMRワクチンの予防注射を受けましょう。5〜6才に2回目のMRワクチンを受けると大人になってからも予防効果が続きます。

治療&ケア

 はしかを治す特効薬はなく、発熱やせきなどの症状を和らげる対症療法を行います。はしかは体力の消耗が激しく、免疫力が低下するため、肺炎、急性中耳炎、急性脳炎などの合併症を起こすことが多く、まれに、数年たってから亜急性硬化性全脳炎を起こすこともあります。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

はしか(麻疹=ましん) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

2カ月の男の子の母です。よく「生まれて6カ月くらいはおなかにいる間にお母さんから病気に対する抵抗力をもらって生まれてくる」と聞きますが、どのような病気の抵抗力を持っているのでしょうか?風邪などは低月齢の子でも感染するので、外出先ではどのようなことに注意をすればいいのでしょうか?
ママの胎内でもらった免疫で6カ月ごろまで有効なのは、麻疹、風疹、おたふくかぜなど…
「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…