1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 風疹(ふうしん=三日ばしか)

病気用語辞典

風疹(ふうしん=三日ばしか)

発疹以外の症状

発熱、リンパ節の腫(は)れ

こんな病気

 風疹ウイルスが原因で、発熱と発疹(ほっしん)がほぼ同時に出てくる病気。幼児から学童に多く見られます。38度前後の発熱が1〜3日続き(熱は出ない子も)、同時に耳の後ろや首のリンパ節が腫れるのが特徴です。また、2〜5mmの薄い赤色の発疹が顔から首あたりに出始め、おなかや手足へ広がり、3日程度で消えます。発疹の出始めははしかと似ていますが、はしかのように発疹同士がくっつくことはありません。

治療&ケア

 治療をしなくても自然に治るので、本人が苦しそうでなければ家庭のケアで大丈夫です。熱のある間は消化のいい食事と水分補給を心がけてください。ただし、まれに、血小板減少性紫斑病、急性脳炎、関節炎などを起こすことがあります。また、妊娠中のママが風疹に初めて感染すると、流産や死産したり、生まれてくる赤ちゃんに難聴、白内障、先天性心疾患を起こしたりすることがあります。1才になったら麻疹と一緒の予防注射(MRワクチン)を受けましょう。5〜6才に2回目のMRワクチンを受けることがすすめられます。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

風疹(ふうしん=三日ばしか) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

妊娠5カ月の初産婦です。血液検査で風疹(ふうしん)の抗体が少なめと判断され、夫が予防接種を受けましたが、予防接種当日、副作用で微熱が出ました。夫から感染する恐れはあるのでしょうか?
予防接種で風疹に感染することはまずないといわれています。…
先日、風疹の抗体価検査で「数値16で弱い抗体があるものの、かかる可能性もあるので、20週までは外出を控えたほうがいい」と言われました。住んでいる地域での流行も報道され心配ですが、通勤で電車など人込みも避けられません。最善の予防法を教えてください。
最近、20代30代で風疹が大流行しているようなので、妊婦さんは十分注意が必要です…
「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…