1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 水ぼうそう(水痘=すいとう)

病気用語辞典

水ぼうそう(水痘=すいとう)

発疹以外の症状

発熱

こんな病気

 水痘(すいとう)・帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスが原因で、赤ちゃんや幼児がかかりやすい病気です。軽い発熱と同時に、顔や体、頭皮に発疹(ほっしん)が出てきます。2〜3日のうちに、赤いぶつぶつから小さな水疱、中心に膿(うみ)を持った膿疱(のうほう=かゆみが強い)、かさぶたと、いろいろな状態の発疹が同時期に見られるのが特徴です。かゆみのために不機嫌になったり、眠れなくなったりします。

治療&ケア

 自然に治りますが、かゆみが強いときはカチリという軟こうを、化膿(かのう)してしまった場合は抗菌薬を使うことがあります。発疹をかき壊さないように爪は短く切りましょう。元気があれば入浴もOKですが、かゆみが増さないように湯温はぬるめに。
 水ぼうそうのときに解熱薬のアスピリンを飲むと、けいれんや嘔吐(おうと)、意識障害を起こすライ症候群を招く危険性があります。解熱剤を飲ませるときは確認してください。
 ごくまれに髄膜炎や急性脳炎を起こすことがあり、また、抵抗力が低下したときに帯状疱疹が出ることもあります。低月齢や白血病などで免疫力が低下している子どもでは、アシクロビル(ゾビラックス)という薬を使うことがあります。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

水ぼうそう(水痘=すいとう) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

2カ月の男の子の母です。よく「生まれて6カ月くらいはおなかにいる間にお母さんから病気に対する抵抗力をもらって生まれてくる」と聞きますが、どのような病気の抵抗力を…
ママの胎内でもらった免疫で6カ月ごろまで有効なのは、麻疹、風疹、おたふくかぜなど…
水ぼうそうの予防接種をした友人の子が、水ぼうそうにかかってしまい、予防接種の効果がなかったみたいです。予防接種はしたほうがいいのでしょうか。予防接種しても効かな…
水ぼうそうのワクチンの病気予防効果は70%くらいです。…
9カ月です。姪(めい)っ子が水ぼうそうになりました。姪っ子の家から義母がわが家に遊びに来ることになりました。水ぼうそうがうつってしまわないか心配です。間接的な接…
水痘(すいとう・水ぼうそう)は、感染している子のせきやくしゃみ、体に接触すること…
1才4カ月の娘がいます。そろそろ水ぼうそうやおたふくかぜの予防接種をしようと思っているのですが、最近では2回接種になっています。10才離れた上の子がいるのですが…
水ぼうそうの予防接種を受けると、7割くらいはかからずに済みますが、…
1歳6カ月の娘がいます。水ぼうそうとおたふくかぜの予防接種を受けようと思うのですが、病院によって費用が違うのはなぜなんでしょうか?数百円ならとくに気にならないの…
保険診療、つまり病気で病院にかかった場合、初診料、再診料、検査料金などは…