1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. ぜんそく様気管支炎(ぜんそくようきかんしえん)

病気用語辞典

ぜんそく様気管支炎(ぜんそくようきかんしえん)

こんな病気

 ウイルスなどに感染して急性気管支炎になったとき、呼吸するとぜんそくのようなゼロゼロした音(喘鳴=ぜんめい)を出す状態です。気管支ぜんそくほど呼吸は苦しそうではありませんが、ぜんそく様気管支炎を繰り返しているうちに気管支ぜんそくと診断されることもあります。一方、成長とともに気管支が太くなると、ゼロゼロしなくなる子もいます。

治療&ケア

 症状によっては気管支拡張薬〔飲み薬や貼(は)り薬〕を服用します。何度も繰り返すときには抗アレルギー薬を飲ませることもあり、症状が重い場合は外来で気管支拡張薬を吸入します。こまめに換気を行うことと適度な湿度を保つことでせきの出にくい環境を整え、痰(たん)が切れやすいようにこまめに水分をとらせてください。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

ぜんそく様気管支炎(ぜんそくようきかんしえん) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

2カ月半の娘なんですが、1カ月半ごろからたんが絡んだせきをしてなかなか治りません。病院に連れていったら、「薬という薬はないから赤ちゃんが治す力を信じるしかない」…
かれこれ1カ月同じ状態が続いているということは、病気ではないかもしれませんね…
7カ月の息子です。2週間前に、ノロウイルスや気管支炎(きかんしえん)を患い、しばらく粉薬を飲ませていました。溶けにくい粉薬があったので、数滴の水で練って無理に飲…
病気が続いて、大変でしたね。嫌々薬を飲まされて、離乳食を…