1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)

病気用語辞典

乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)

嘔吐(おうと)・下痢以外の症状

発熱

こんな病気

 乳糖を分解する酵素のラクターゼが不足するために下痢を起こす病気で、母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃん時代に多く見られます。ウイルス性胃腸炎などで腸の粘膜が傷つき、ラクターゼが十分出なくなるために起こる二次性乳糖不耐症がほとんどです。生まれつきラクターゼが出ない先天性乳糖不耐症はとても少なく、生まれてすぐにわかります。
 嘔吐(おうと)、激しい下痢、発熱など胃腸炎の症状から始まり、下痢だけ長引きます。酸っぱいにおいのする水っぽい便が特徴です。下痢が1〜2週間続くときは、この病気を疑いましょう。

治療&ケア

 授乳のときに乳糖分解酵素薬を一緒に飲ませます。乳糖を含まないミルクに切り替える方法もあります。二次性乳糖不耐症は一時的に乳糖分解酵素が不足しているだけなので、下痢が治まれば薬は不要になり、通常のミルクに戻せます。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…