1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. アトピー性皮膚炎(ひふえん)

病気用語辞典

アトピー性皮膚炎(ひふえん)

こんな病気

 生後2〜3カ月ごろから、ほっぺたや口のまわりに赤くて盛り上がった湿疹(しっしん)ができることが多く、ジクジクしたり、黄色い膿(うみ)を持つことも。赤くてかゆみのある湿疹が2カ月以上続くときは、アトピー性皮膚炎の可能性が高いです。アトピー性皮膚炎の有症率は1才6カ月で98%と、その大半が赤ちゃん時代に発症しています。その後、幼児期や学童期まで続くこともあり、最近は思春期になってから発症するケースもあります。

治療&ケア

 皮膚は常に清潔を心がけ、1日1回は泡立てた石けんでやさしく洗います。皮膚がかさつくときには洗ったあとで保湿クリームを塗ります。症状がひどい場合はステロイド入りの塗り薬や保湿剤、抗アレルギー薬の飲み薬を使用する場合があります。
 アトピー性皮膚炎の子は、気管支ぜんそくなどほかのアレルギー疾患を合併しやすいので、アレルゲンになりやすいダニやハウスダストを除去する生活を心がけてください。また、早寝早起き、バランスの取れた食事、外遊びなどを意識し、抵抗力を高めることも重要です。一方、安易な除去食は発育障害を引き起こすことがあるため厳禁です。必ず医師の指導の下で行ってください。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

アトピー性皮膚炎(ひふえん) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

生まれて12日の赤ちゃんですが、肌の乾燥がひどいような気がします。私自身もアトピーがあり、ただの乾燥なのか?あるいは、アレルギー性のカサカサなのか悩んでいます。一度、病院にかかって、アレルギー検査などをしたほうがいいんでしょうか?
生後数日で新生児の皮膚は乾燥し、薄く皮がむけることがあります。お子さんはちょうど…
3カ月の男の子です。たまに体に赤いプツプツができます。おふろのあとに保湿すると、翌朝にはだいぶひきますが、また繰り返します。息子の日常の様子はとくに変わりありません。清潔にすることで治るものだと思いましたが、続いてます。ちなみにプツプツは胸元、腕と脚の一部に出ていて、ところどころザラザラしてます。アレルギーだとしたら、どんな症状が出ますか?
アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)というのは、かゆみが強いのが大前提です…