1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 鎖肛(さこう)

病気用語辞典

鎖肛(さこう)

こんな病気

 生まれつき肛門が閉じている病気です。約5000人に1人の割合で見られ、多くは産院入院中に見つかります。肛門近くで閉じているものを低位鎖肛、その奥を中間位鎖肛、高位鎖肛と分類し、数的には低位鎖肛が多く見られます。高位鎖肛は消化器や泌尿器の奇形を合併していることが多いといわれています。

治療&ケア

 低位鎖肛は新生児期に手術をします。中間位鎖肛や高位鎖肛の場合は、新生児期は人工肛門をつけ、生後3カ月以降、体重が6kgくらいになってから手術を行うのが一般的です。手術後は長期間にわたって排便トレーニングを行います。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

鎖肛(さこう) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…