1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 停留精巣(ていりゅうせいそう)

病気用語辞典

停留精巣(ていりゅうせいそう)

こんな病気

 精巣(睾丸)がおなかの中や鼠径部にあって、陰嚢に下りてこない病気です。陰嚢がしぼんでいるように見えたり、手で陰嚢を触っても精巣に触れません。赤ちゃんの精巣は胎児時代に腹腔内でつくられ、腹膜とともに鼠径管を通り、出産予定日間近になって陰嚢に入ります。何らかの原因で精巣が途中で止まった状態が停留精巣で、痛みなどの自覚症状はありません。早産児に多く、鼠径ヘルニアや陰嚢水腫を合併することもあります。

治療&ケア

 精巣が腹腔内にあると、ずっと温まった状態でいることになり、悪性化したり、男性不妊になる恐れがあります。1才までに精巣を陰嚢まで下ろして固定する手術をします。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

停留精巣(ていりゅうせいそう) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…