1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 亀頭包皮炎(きとうほうひえん)

病気用語辞典

亀頭包皮炎(きとうほうひえん)

こんな病気

 おちんちんの先端(亀頭)に細菌が繁殖し、炎症を起こす病気です。1才から入学前の幼児によく見られ、おちんちんの先が赤くなる、痛みやかゆみがある、おしっこのときに黄色っぽい膿(うみ)が出るという症状があります。

治療&ケア

 こまめにおむつを替え、汚れた手で触らないようにする、子どもは爪を切り、手洗いをしっかりさせるなどのケアを。抗菌薬入りの塗り薬を使用し、ひどい場合は抗菌薬を飲ませることもあります。包茎が原因で何回も繰り返すときは手術をすることもあります。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

亀頭包皮炎(きとうほうひえん) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…