1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 臍炎(さいえん)・臍肉芽腫(さいにくげしゅ)

病気用語辞典

臍炎(さいえん)・臍肉芽腫(さいにくげしゅ)

こんな病気

 臍炎は、へその緒が取れたあとに細菌感染して炎症を起こしたもの。おへそがジクジクしたり、赤く腫(は)れたりします。臍肉芽腫は臍炎が悪化しておへその中に肉の赤いかたまり(肉芽)ができたもので、出血することがあります。どちらも新生児の病気です。

治療&ケア

 へその緒が取れて1週間以上たつのに、ジクジクしているときや出血があるときは、早めに受診してください。臍炎で化膿(かのう)したときは抗菌薬入りの軟こうを塗ったり、抗菌薬を飲ませるたりすることがあります。臍肉芽腫は抗菌薬入りの軟こうを塗るほか、硝酸銀で焼くことがあります。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

臍炎(さいえん)・臍肉芽腫(さいにくげしゅ) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…