1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 筋性斜頸(きんせいしゃけい)

病気用語辞典

筋性斜頸(きんせいしゃけい)

こんな病気

 首の筋肉にしこりがあるため首が引っ張られて傾き、しこりのない方向にしか顔を向けられない病気です。右に傾くのが75%、左に傾くのが25%です。しこりは生後1週間ごろから触れるようになり、3週間ごろいちばん大きくなります。先天性股関節脱臼を合併することもあります。

治療&ケア

 骨の異常や斜視で斜頸になっていることもあるので、エックス線検査や超音波検査などをして、筋性斜頸であることを確認します。筋性斜頸であれば生後3〜4カ月ごろから徐々によくなり、大部分は1才ごろには自然に治ります。経過観察中に治療は必要ありません。昔は首のマッサージをしていましたが、かえって筋肉の組織を傷つけることになるので、今はしないことになっています。1才半を過ぎても治らない場合は、2〜3才で胸鎖乳突筋を切開する手術をします。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

筋性斜頸(きんせいしゃけい) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

7カ月の男の子です。最近気づいたのですが、右耳の後ろのあたりに丸いしこりのようなものがあります。左耳のほうにはありません。赤ちゃんはみんなあるものなんですか?
小豆から大豆くらいの大きさのものでしたら、おそらく正常な状態のリンパ腺だと思いま…
「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…