1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 先天性内反足(せんてんせいないはんそく)

病気用語辞典

先天性内反足(せんてんせいないはんそく)

こんな病気

 生まれつきかかとや足の裏全体が内側を向いている足の変形です。産院で気づかれ、整形外科を紹介されることが多いでしょう。

治療&ケア

 エックス線検査などのあと、なるべく早く治療を始めます。
1 毎週受診してマッサージ後、矯正ギプスを装着(初診から2〜3カ月間)
2 アキレス腱皮下切除術(3日間入院)
3 ギプス装着(退院後3〜5週間)
4 デニスブラウン装具をつける

という流れで治療を行うポンセティ法が最近注目されています。
立っちやあんよを始めるころから小学校入学ごろまでは、昼間は矯正靴、夜はデニスブラウン装具をつけます。それでも矯正できなかったり再発した場合は、装具を作ったり手術をします。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

先天性内反足(せんてんせいないはんそく) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…