1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 眼瞼下垂(がんけんかすい)

病気用語辞典

眼瞼下垂(がんけんかすい)

こんな病気

 まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋=がんけんきょきん)が弱くてまぶたが十分に上がらず、黒目の一部が隠されてしまう状態です。黒目が隠されると視力が正常に発達できず、弱視や斜視の原因となります。子どもを真正面から見たときまぶたが垂れ下がっている、あごを上げてものを見るなどの症状が見られたら受診しましょう。

治療&ケア

 片方の目だけが眼瞼下垂の場合、その目を使わなくなるため弱視になる恐れが。1才ごろまでにはまぶたを上げる手術をします。両目の場合は自然にまぶたが上がってくる可能性を考え、手術は2才ごろまで待ちます。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

眼瞼下垂(がんけんかすい) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…