1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 結膜炎(けつまくえん)

病気用語辞典

結膜炎(けつまくえん)

こんな病気

 外からの刺激や細菌、ウイルスなどの感染から目を守る役割をしている結膜が炎症を起こした状態。ウイルスや細菌が原因の結膜炎のほかに、アレルギー性結膜炎もあります。 細菌性結膜炎は目やにや涙が出て、膿(うみ)のような目やにになることも。ウイルス性結膜炎には、まぶたの腫(は)れ・白目の充血・涙が主症状の「流行性角結膜炎」、発熱・のどの腫れ・白目の充血やかゆみが主症状の「プール熱」、結膜からの突然の出血・目がゴロゴロする・充血・まぶしさが主症状の「流行性出血性結膜炎」などがあります。

治療&ケア

 細菌性結膜炎は抗菌薬入りの点眼薬をさせば、多くは2〜3日でよくなります。ウイルス性結膜炎も、細菌感染予防のために抗菌薬入りの点眼薬や、炎症を抑えるステロイド点眼薬を処方されることがあります。
 細菌やウイルスは接触感染するため、家族全員が手洗いをこまめに行い、タオルや枕などは家族と共用しないようにしましょう。また、とくに感染力の強い流行性角結膜炎、プール熱、流行性出血性結膜炎は、完治するまで通園・通学は控えることが学校保健法で決められています。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

結膜炎(けつまくえん) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…