1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. アデノイド増殖症(ぞうしょくしょう)

病気用語辞典

アデノイド増殖症(ぞうしょくしょう)

こんな病気

 鼻とのどの境目にあるアデノイド(咽頭扁桃=いんとうへんとう)が異常に増殖し、気道をふさぐ病気です。アデノイド肥大ということもあります。気道がふさがれるため、いつも鼻詰まり状態となります。また、鼻水が頻繁に出たり、副鼻腔炎になったりすることもあります。急性中耳炎を繰り返したり、滲出性中耳炎が治りにくくなったりもします。アデノイドは1才ごろからだんだん大きくなり、5才でピークを迎え、その後はだんだん小さくなります。また、いびきが目立つ場合もあります。

治療&ケア

 アデノイドは外界からの細菌やウイルスを食い止める役割をしているものなので、深刻な症状があるとき以外は切除手術をしません。また、薬による治療法もありません。口を開けているとドライマウスとなり、細菌やウイルスに感染しやすいため、うがいやマウスリンス®などで口の中の清潔と保湿を心がけます。
 呼吸障害や嚥下障害(えんげしょうがい)などがあるときには切除手術をします。2才以下でも、アデノイドが大きくSIDS(乳幼児突然死症候群)のニアミスを起こしたようなケースでは切除します。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

アデノイド増殖症(ぞうしょくしょう) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

9カ月の男の子のママです。夜とお昼寝を合わせて1日15時間以上寝ます。寝すぎではないかと心配です。アデノイドを疑ったほうがいいのでしょうか?いびきはたまにかいています。
ママは勘違いしているようです。アデノイドによる睡眠障害は夜間熟睡できないために…
「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…