1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 口唇裂(こうしんれつ)・口蓋裂(こうがいれつ)

病気用語辞典

口唇裂(こうしんれつ)・口蓋裂(こうがいれつ)

こんな病気

 口唇裂は上唇がくっつかない状態で生まれてくる病気です。最初は母乳やミルクが飲みにくくても、だんだん慣れて上手になります。
 口蓋裂は上あごがくっつかない状態で生まれてくる病気で、程度はさまざま。母乳やミルクが飲みにくい、急性中耳炎を起こしやすい、音が鼻に抜けて発音がうまくできない、歯並びが悪いなどの問題が出てきます。

治療&ケア

 口唇裂は生後2〜3カ月ごろ手術することが多いのですが、もっと早い時期に手術をする病院もあります。
口蓋裂は生まれてすぐ口蓋床(ホッツ)をつける治療がよく行われ、口蓋裂を閉じる手術は1才〜1才6カ月ごろ行います。その後は必要に応じて言語療法、歯列矯正、あごや鼻の手術を行います。長期計画に基づき、小児科、形成外科、口腔外科、耳鼻科、歯科、矯正歯科、言語訓練士などで構成するチーム医療でサポートされるでしょう。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

口唇裂(こうしんれつ)・口蓋裂(こうがいれつ) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…