1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. あざ

病気用語辞典

あざ

こんな病気

 多くは外見だけの問題です。神経症状を合併するケースはまれで、健診などで指摘されます。レーザー治療を行う場合は専門医とよく相談してください。

蒙古斑

おしりや腰、背中にある灰色っぽい青あざ。日本人のほとんどの赤ちゃんに見られ、たいていは10才ごろまでに消えます。手足や肩などにあるものは異所性蒙古斑と呼び、色の濃いものは通常の蒙古斑に比べて消えにくいので、気になる場合は受診を。

太田母斑

目の周りや白目、おでこ、頬、口の中などにある青あざです。悪性化はしませんが、自然に消えることはありません。気になる場合はレーザー治療を行います。

扁平母斑

茶色の平らなあざで、できる場所、形、大きさはさまざまです。悪性化することはありません。レーザー治療でいったん薄くなっても、また出てくることがあります。

カフェオレ斑

丸いミルクコーヒー色の平らなあざが6個以上ある場合をいいます。神経、目、骨などに症状が出てくることがあるため、総合病院の皮膚科を受診してください。

先天性色素性母斑

生まれつきあるこげ茶や黒のあざで、平らなもの、盛り上がったもの、毛がはえたものなどさまざま。足の裏やかかとなど刺激を受けやすい部分にあるもの、直径5cm以上のもの、急に盛り上がったものは、日中に皮膚科を受診してください。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

あざ ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

5カ月の娘がいます。生まれたときにはなかったのですが、1カ月前くらいから右太ももの肌に薄く 茶色いシミのようなものが目立つようになってきました。暗い場所では目立ちにくく、明るい場所だとわかります。これは赤ちゃんのうちだけでしょうか。それとも、ずっと残るものでしょうか。
かわいいわが子に見慣れぬものがあるといつまで残るかドキドキしてしまいますね…
もうすぐ9カ月になる男の子です。生まれたときから足首に青あざがあります。1カ月健診や今までの健診でもとくに何も言われなかったので、気にしていませんでした。最近つかまり立ちを覚えました。とくに痛がる様子はありません。しかしこんなに時間がたっても消えないのは少し気になります。何かあるのでしょうか?
ママの言う青あざの意味は、打ち身などによる青あざのことかしら?おそらくお子さんの…
1才5カ月の女の子がいます、布団の上で遊んでいたとき、倒れた拍子に壁に頭をぶつけたらしく、ふくらんだところに内出血みたいなのができていました。今のところは元気なんですが、内出血してるときは、病院に行くべきでしょうか?
内出血みたいなものとは、いわゆる青あざでしょうか。おそらく問題…
1才10カ月の女の子ですが、生まれたときからおでこの真ん中と右目のまぶたにサーモンパッチがあります。1才半までには消えると本に書いてありましたが、消えません。1才過ぎても消えないときは、レーザー治療をと本に書いてありましたが、レーザー治療を受けたほうがいいのでしょうか。
サーモンパッチとは、新生児の約30%ほどの子に見られる赤あざの一種…