1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. RSウイルス感染症

病気用語辞典

RSウイルス感染症

こんな病気

 RSウイルスによる呼吸器の感染症で、風邪症候群(かぜしょうこうぐん)の代表的なウイルスです。2〜5日の潜伏期のあと、発熱、鼻水、せきなどの症状が出ます。通常は1〜2週間でよくなりますが、2才以下の子どもは細気管支炎(さいきかんしえん)や肺炎を発症し、ひどいせきや喘鳴(ぜんめい=ゼーゼーと苦しそうな呼吸)、多呼吸などの症状が現れることがあります。低出生体重児や心臓病の持病のある赤ちゃんでは、重症になりやすいので、流行時期(通常は秋から冬)にかけてシナジスという薬を毎月注射してかかりにくくするという方法がありますが、高価な薬で、保険適応が限られているため、該当する場合は小児科医に相談しましょう。

治療&ケア

 特効薬はないので、症状を抑える対症療法が主体になります。発熱には解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく)、細菌性肺炎(さいきんせいはいえん)や中耳炎の合併症が疑われる場合は抗菌薬を使います。家庭では、水分補給をこまめにして脱水症状を防ぎます。水分がとれない、呼吸困難が見られる場合は入院治療が必要なこともあります。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

RSウイルス感染症 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

2才の男の子と4カ月の女の子のパパをしています。今下の子がRSウイルスに感染してしまい、ぜぇぜぇ言いながらおっぱいを飲んでいます。そのせいなのか上手に飲めていないみたいで、妻が初めて乳腺炎(にゅうせんえん)のような状態になってしまい、搾乳器を使ってもまだ痛いらしくて……。このような状況のときは、やっぱり病院に行くべきですか?
ママの乳腺炎も心配ですが、4カ月の赤ちゃんの症状がもっと心配です…
「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…