1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 腸閉塞

病気用語辞典

腸閉塞

こんな病気

 腸管(ちょうかん)の動きが悪くなったり、ねじれたりすることにより通過障害を起こします。差し込むような腹痛や腹部の張り、嘔吐(おうと→吐物が緑色や褐色の場合は注意)、血便などの症状が見られます。早期に適切な処置をしないと、腸管の穿孔(せんこう)や壊死(えし)による腹膜炎(ふくまくえん)を起こす場合があります。とくに乳幼児は急速に悪化しやすいので、注意が必要です。症状が現れたら夜間でも受診しましょう。

治療&ケア

 胃管や腸閉塞管(ちょうへいそくかん)を挿入し、胃腸の内容物を吸引し、拡張した腸管の圧を下げます。点滴で脱水を予防し、電解質(でんかいしつ)のバランスを整えます。腸管のねじれが原因の場合は、緊急手術となります。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

腸閉塞 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…