1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. 病原性大腸菌への感染

病気用語辞典

病原性大腸菌への感染

こんな症状

 感染した人や家畜のふん便に汚染された食品による感染が多く、飲料水による感染もあります。O157(腸管出血性大腸菌)は牛生肉からの感染が多いです。潜伏期間は1日〜数日で、嘔吐(おうと)、腹痛、下痢、粘血便、しぶり腹(残便感があり、繰り返し腹痛を伴い便意をもよおす)、発熱などが起こります。

治療&ケア

 基本的には抗菌薬は使わずに、水分補給など家庭内でのケアが中心になります。激しい腹痛や血便により食事がとれない場合は、輸液(ゆえき)を行います。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

病原性大腸菌への感染 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…