1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 病気用語辞典
  4. ボツリヌス菌

病気用語辞典

ボツリヌス菌

こんな症状

 海水や土壌に生息し、酸素が少ない環境で増殖して毒素を出します。長時間煮沸しても死滅せず、発酵食品(はっこうしょくひん)や真空パックの食品でも菌が増殖します。はちみつにごくわずかの菌が存在することもあります。12〜36時間の潜伏期間後、下痢、腹痛、嘔吐(おうと)などのほか、物が二重に見える、光がまぶしい、まぶたが垂れ下がって重い、物が飲み込みにくくなるなどの脳障害の症状が出ます。

治療&ケア

 ボツリヌス菌の毒素に対抗するために、抗毒素血清(こうどくそけっせい)を投与します。1才未満の子どもにはちみつを与えると、腸内で強い毒素が出て、神経まひを起こすこともあるので、与えてはいけません。

よく見られている病気用語

病気用語辞典に戻る

ボツリヌス菌 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

乳児にはちみつを食べさせてはいけないことは知っていますが、母乳を飲ませている私ははちみつを食べてもいいのですか?
はちみつにはボツリヌス菌が入っていることがあります…
10カ月の女の子です。赤ちゃんにはちみつはダメと聞きましたが、市販のはちみつ入りと記載されている食べ物も与えてはいけないのでしようか?
はちみつにはボツリヌス菌が含まれていることがあります…
1才2カ月です。はちみつは与えてはいけないといいますが、何才くらいになれば安心して食べられるようになりますか?
はちみつを与えてはいけないのは1才までです…