SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 仕上げ磨き

育児用語辞典

仕上げ磨き

ママやパパの仕上げ磨きが大切です

 子どもが自分で歯の汚れを落とせるようになるのは、一般に6才以降といわれています。それまではママやパパの仕上げ磨きが必要です。基本的には、食事やおやつを食べたあと、すぐ歯を磨くのが理想ですが、難しいときは朝晩2回、それもできないときは一日1回夕食後か寝る前に磨いて、一日の汚れを取るようにしましょう。

柄が長めの仕上げ磨き専用の歯ブラシを用意しましょう

 歯ブラシは、柄が長めの仕上げ磨き専用の歯ブラシを用意します。歯ブラシの持ち方は、鉛筆と同じペングリップがベスト。軽く握り、細かい動きは指先で、ブラシの向きは手首で調節します。歯の表面やくぼみに歯ブラシを直角に当て、小刻みに動かしながら1~2本ずつ磨きます。ゴシゴシではなく、軽くシャカシャカと動かすのがコツです。

歯磨きしやすいのは、子どもを寝かせた状態

 口の中がよく見えて、歯磨きをしやすいのは寝かせた姿勢です。頭が安定していないと、空いた手であごを支えなくてはならず磨きにくいので、子どもの頭をママやパパのひざに乗せて、安定させるといいでしょう。
 何事も最初が肝心です。「シャカシャカ」と、即興の歯磨き歌などを歌いながら、子どもをリラックスさせて習慣づけていきましょう。無理強いは禁物です。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る