1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. しかる

育児用語辞典

しかる

しつけをするのは、1才ごろからでOK

 9~10カ月ごろになると、赤ちゃんはママの表情から感情を読み取ることができるようになります。ですから、ママが「メッ」と怖い顔をしたら、ママは嫌な気分でいることがわかります。といっても、好奇心のほうが上回っているので、いくらママがそんな顔をしても赤ちゃんは同じことをまた繰り返します。しつけの目的は、子どもが社会生活で必要な生活習慣やルールを身につけさせることです。これは言葉が理解できるようになる1才ごろから少しずつ伝えていけばいいでしょう。

しつけは「しかる」以外の方法でできます

 「しかる」=「しつけ」ではありません。「しかる」しつけは案外難しく、ママが感情的に怒ってしまうと、「ママは怖い」「ママは自分のことが嫌いなのかもしれない」と子どもを不安にさせ、親子の信頼関係が揺らいでしまうこともあります。むしろほめられたほうが、子どもは自信を持ち、やる気が出るでしょう。楽しく歌いながら手洗いの方法を教えることもできます。しつけには、「しかる」よりもっと伝わりやすい方法があります。その方法を見つけながらしつけを進めていくと、子育てがより楽しくなるでしょう。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る

しかる ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

1才8カ月の女の子です。食事中、気に入らないことがあると食器やスプーンをわざとポイッと思いっきり投げます。いけないことなのでしかるのですが、毎回やるので、どうやってやめさせたらいいのかわかりません。
この年齢は「してはいけない」ということが理解できません。なぜいけないのかという理…
1才半の娘が食器を投げたり机に上ったりしたとき、実母が娘をたたいてしかります。もちろん、軽くたたく程度ですが、私はたたいてしかることはしたくないと思っています。だから絵本や抱っこで気をそらそうとしてしまいます。でも、実母が「ママがしっかりしからない」とか「甘やかしている」と言うので悩んでいます。
3才までは、していいこと・悪いことの意味が理解できません。そのために、言い聞かせ…