SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 9~10カ月の赤ちゃん 生活・お世話

育児用語辞典

9~10カ月の赤ちゃん 生活・お世話

赤ちゃんの様子

おうちの中を探索してまわります

 つかまり立ちができるようになると、行動範囲と興味の対象が広がっていきます。はいはい時代よりも高い場所に手が届くようになり、おうちの中をはいはいで探索しては、おもしろいものを見つけて触ったり、たたいたり、ポイッと投げたりして遊びます。

離乳食は1日3回に。遊び食べが増えます

 離乳食は、朝、昼、夜の1日3回になり、口を動かして歯ぐきでかむ練習に入ります。手先が器用になって、小さなものも上手につかめるようになり、手づかみ食べが上手になってきますが、遊び食べも激しくなり、なかなか食事が進まないことも。ほとんどの赤ちゃんが、午前、午後と1日2回に昼寝がまとまってきます。

お世話のポイント

事故防止を徹底しましょう

 テーブルクロスにつかまって立ち上がろうとしたときに、テーブル上の熱いものでやけどをする、つかまったとたん本棚が倒れてきて全身を打つ、DVDのデッキに指をはさむ、観葉植物の肥料を食べるなどの事故の危険が増えてきます。おうちの中の危険を見直し、事故防止を徹底しましょう。

遊び食べをしてもあまりイライラしないで

 離乳食を3回食に進めましょう。早寝早起きの生活リズムを整えて、外遊びをたっぷりとさせて、おなかがすくリズムをつくることが大切です。遊び食べが増えてきますが、これも一時的なことなのでママはあまりイライラせずに、今は楽しく食べることを優先させましょう。

後追いにはつき合ってあげましょう

 赤ちゃんの後追いでママは大変になりますが、無理に引き離そうとすると、赤ちゃんは余計不安になって後追いがひどくなることもあります。ママはおんぶで家事をするなどして、なるべく赤ちゃんの求めに応じてあげるようにしましょう。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る