SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. まね

育児用語辞典

まね

同じ行動パターンを繰り返し記憶

 赤ちゃんは、まねが大好き。9~10カ月ごろには、ママと向かい合って「おつむてんてん」などのまねっこ遊びができるようになります。さらに、ママの拍手をまねて「パチパチ」と手をたたいたり、大人が「バイバイ」と言うと手を振ったりすることもあります。
 1才ごろには、「○○ちゃ~ん」と名前を呼ぶと、手を上げて「ア~イ」と言ったり、ママが「アバババ」など声を出すと、ママの口元を見ながら同じような声を出すなど、まねも高度になってきます。また、電話をかける、写真を撮る、台所のボウルをミキサーでかき回すなど大人の具体的な生活の様子をまねするようにもなり、見立て遊びも盛んになってきます。
 まねは、相手の動作に注意を向けてそれに興味をもち、それと同じ動作をしようという意欲があり、同じ動作をするためにどのように体を動かしたらいいのかを伝える神経回路などが発達していなければできません。赤ちゃんはママのまねをしながら同じ行動パターンを繰り返し練習して記憶し、たくさんのイメージをためこんでいきます。そして、その記憶を頼りに、やがて自分でも自発的に同じことができるようになります。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る