SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. つかまり立ち

育児用語辞典

つかまり立ち

最初は不安定でも、足の裏全体でしっかり立てるようになります

 足の力が強くなってきて、おすわりやはいはいの姿勢から自分で支えになるものにつかまって立つようになるのがつかまり立ちです。最初は腕で体を支えるために前のめりになったり、上半身を支えにつけたり、つま先で立ったりするなど不安定ですが、徐々に安定してきて、上半身をまっすぐに起こし、足の裏全体を床につけて立てるようになります。つかまり立ちができるようになると、視点が変わり視野が広がるので、ますます興味が広がります。そのままソファなどにつかまったりして体を支えながら横に移動するのが伝い歩きです。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る