SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. やけどの応急処置

育児用語辞典

やけどの応急処置

流水で20分以上冷やし続けましょう

 手や足にやけどを負った場合は、シャワーや水道水の流水で20分以上冷やし続けます。顔や頭をやけどしたときや赤ちゃんが流水を嫌がるときは、保冷剤を手ぬぐいなど薄手の布でくるんで患部に当てて冷やします。体表の10%(赤ちゃんの手のひらは1%)以上をやけどしたときや、皮膚がはがれたり、白く変色するようなやけどを負ったときは、すぐに救急車を呼び、冷やしながら待ちます。小さくても水ぶくれができているときは、必ず受診しましょう。やけどの範囲が狭く、十分冷やした上で赤みが残る程度なら、おうちで様子を見ていいでしょう。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る