SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 虫刺され予防

育児用語辞典

虫刺され予防

赤ちゃんは虫に刺されると重症化しやすい

 赤ちゃんは、虫に対する免疫がないので、虫に刺されると赤く腫れて水疱ができたり、強い痛みを伴ったりします。ひどいときは熱が出ることもあります。かきむしると水疱になり、それが破れて化膿し、とびひになることもあります。腫れてかたい発疹が出たり、慢性化して症状が長引く場合もあります。とくに虫が多く発生する夏場は、ダニ、蚊、ハチ、毛虫などに注意しましょう。

虫よけ対策が必要です

 虫に刺されないようにするには次の点に注意しましょう。最近は子ども用の虫よけグッズが市販されているので、試してみてもいいでしょう。

<虫よけ対策>
☆木の下や茂みなど、虫がいそうな場所に近づかない。
☆虫がいそうな場所では長袖・長ズボンを着せてなるべく肌の露出をしない。
☆蚊が発生しやすい夕方はあまり散歩に出ない。外に出る場合は、虫よけ対策を万全に。
☆衣服でおおいきれない肌の露出部位は虫よけ剤を塗る。
☆市販の虫よけグッズを上手に利用して、赤ちゃんが眠っている間の対策も立てる。
☆ベランダの植木鉢の受け皿は蚊の発生場所になりやすいので水をためたままにしておかない。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る