1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 抗体

育児用語辞典

抗体

抗体は病気にかかることでつくられます

たとえばインフルエンザにかかったとき、私たちの体は発熱などでウイルスと闘います。やがてリンパ球から抗体がつくられると、病気は治っていきます。そこでつくられた抗体の記憶は体の中にとどまるため、同じウイルスが侵入したときに対応できるようになります。そのため同じ型のインフルエンザにはかかりにくくなります。

「病気が怖いから外に出ない」は考えもの

赤ちゃんは6カ月を過ぎると、ママのおなかの中にいるときに、胎盤を通じてもらっていた細菌やウイルスから体を守る抗体がなくなってきます。外に出る機会が増えることもあって、この時期から感染症にかかりやすくなります。体の健康を保つためには、これからは自分で抗体をつくらなければなりません。抗体は病気にかかることでつくられていくもの。外界の細菌やウイルスは、赤ちゃんが自分で抗体をつくることを促す因子になるのです。病気が怖いからといって、むやみに赤ちゃんを家の中に閉じ込めておくのは考えものです。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る

抗体 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

7カ月になる男の子のママです。私が神経質なのかもしれませんが、病気をさせるのが怖くて外出を避けたくなってしまいます。また、保育園でたくさん菌をもらって病気したほうが体が強くなると聞きますが、病気を予防するよりも、たくさん風邪などをひかせたほうがいいのでしょうか?
病気の種類はたくさんあるので、病気をしないまま大きくなることはできません。むしろ…
「夜泣きがひどい」「離乳食を食べてくれない」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…