1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 鼻水吸い取り器

育児用語辞典

鼻水吸い取り器

赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つけないようにやさしく

 鼻水や鼻詰まりで母乳やミルクの飲みが悪くなったり、呼吸が苦しそうなときは、市販の鼻水吸い取り器でできるだけ鼻水を取り除いてあげましょう。水100mlに小さじ1/4〜1/3の食塩を溶かし、人肌に温めたものを数滴、鼻の穴に垂らすと、鼻水が吸い取りやすくなります。力いっぱい吸いすぎて鼻の粘膜を傷つけないように注意しましょう。赤ちゃんが嫌がるときは無理に吸う必要はありません。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る

鼻水吸い取り器 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

鼻水の症状があり、発熱はありません。母乳は休み休み飲みます。寝ているときに苦しそうになり、はな吸い器で取ろうとしますが、嫌がります。またはな吸い器の使い方がうまくないのか鼻水が取れません。窒息するのではないかと不安です。
赤ちゃんは鼻でしか呼吸をしないので、鼻が詰まると息苦しくなりますが…
4カ月の息子です。くしゃみを頻繁にするようになり気になってましたが、最近はせきやくしゃみをしたときに鼻水を出したりと、とうとう風邪をひかせてしまいました。昨日は予防接種を受けられたのですが、鼻詰まり症状がとても気になります。病院に連れていったほうがいいのか、それともお店に売ってる鼻水吸い取り器で対処したらいいのでしょうか。
3カ月を過ぎると、胎児のときにママからもらった免疫が切れてきますので、風邪をひき…