1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. ワクチン

育児用語辞典

ワクチン

 予防接種のワクチンには3種類あります。種類によって次の予防接種までに空けなければならない期間が異なりますので、注意しましょう。

生ワクチン

 生きた病原体の病原性を弱めてつくったワクチン。十分な免疫をつくるまでには数週間かかります。途中でほかの予防接種を受けると、ワクチンが干渉し合って免疫をつくるのを阻害することがあるため、別の予防接種を受けるまで中27日以上空けます。BCG、ロタウイルス、MR、麻疹、風疹、おたふくかぜ、水ぼうそうがこれにあたります。

不活化ワクチン

 病原体を殺し、必要な成分を取り出して病原性をなくしたワクチン。免疫をつくるのに複数回の接種が必要になります。接種してから年数が経過すると免疫力が低下するため、一定の間隔で追加接種をする必要があります。別の予防接種を受けるまで中6日以上空けます。DPT-IPV(四種混合)、日本脳炎、インフルエンザ、Hib、小児用肺炎球菌がこれにあたります。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る

ワクチン ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

2カ月になったので、ヒブと小児用肺炎球菌(しょうにようはいえんきゅうきん)とロタを予防接種しましたが、注射を太ももに打ちました。まわりのママ友はみんな腕に打ったと聞いたので、太ももに打っても平気なのか心配になりました。太ももに打つこともありますか?
欧米では生ワクチンを除いてほとんどのワクチンを太ももの筋肉に打ちます…
もうすぐヒブワクチンの4回目なのですが、ヒブワクチンを接種すると必ず発熱と体中に赤い発疹(ほっしん)が出ます。次の日には、熱は下がり発疹は薄くなります。そのため、4回目をしようか迷っています。病院では量を半分にするか、やらないかどちらかと言われ悩んでいます。
ワクチンを接種すると体の免疫系が働き、病気に対する免疫をつくります…