1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 転落事故

育児用語辞典

転落事故

ベッドの柵を上げる、段差のある場所に寝かせないなどの注意を

 寝返り前の赤ちゃんは、自分で動く心配がありませんでした。でも、寝返りができるようになると、赤ちゃんは自分で転がりながら移動できるようになります。おまけに赤ちゃんはまわりの世界に興味津々。興味を持ったものは何でも触ったり手に持ったりしたくなります。体の動きも活発になってくるので、足を上げて遊ぶこともあるでしょう。そのため、このころから、ベビーベッドやソファなど高いところからの転落事故が増えてきます。ママは赤ちゃんから目を離さないのが鉄則ですが、ベビーベッドでおむつ交換したときは、お世話が終わったらすぐに柵は上げる、ソファなど段差がある場所に赤ちゃんを置かないなどの注意も必要です。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る

転落事故 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

3日くらい前に、7カ月の娘をベビーカーから転落させてしまいました。病院で診察してもらい、異常はなかったのですが、転落が原因で今後娘に何か起こったらどうしようという気持ちと、散々家族からも注意され、私自身、責められているような気がずっとあり、育児への不安が強くなってしまいました。
病院で異常なしと言われれば、後々障害が出ることはまずありません。安心してください…
10カ月の娘が先日、2階の階段の最上階から下まで転落してしまいました。落ちる音と泣き声で気がつき、救急受診、頭部CT撮影をしました。幸い頭蓋内出血(ずがいないしゅっけつ)や骨折、そのほか外傷などなく問題なく帰宅しました。しかし、乳児は症状が出にくいとのこと、1週間たちましたが心配でたまりません。たんこぶのせいか、頭の形も気になります。後遺症がでないか毎日心配です。
階段からの転落、ものすごくよくある話です。後遺症を心配するよりも、二度と事故が…