1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 「自分で」

育児用語辞典

「自分で」

赤ちゃんの「自立」をそっとサポートしましょう

 1才6カ月ごろから自己主張が強くなってきます。体の発達を背景に、少しずつできることが増えてきて「自分で○○したい」という気持ちが大きく育ってきます。実際はできないのに「自分で」と主張するので、ママを困らせることもあります。でも、この「自分で」は自立へ向けての原動力となるもの。ママは赤ちゃんがやりたがったことは、危険がない限りやらせてあげましょう。この年代は、ほんの一部でも、ほんの少しでもできれば満足できます。たとえできなくてもかんしゃくを起こすことはあまり多くはありません。
 ところが、2才代になると、「自分で」はますます強くなっていきます。さらにできることが増えて、「自分はできる」というイメージを持っているので、できないとショックを受けたり、かんしゃくを起こすようになります。ママは、なるべくそうならないように赤ちゃんが気づかないところでそっとサポートするなど、対応のしかたに工夫が必要になってきます。たくさんほめてあげることも大切です。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る

「自分で」 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

1才7カ月の女の子なのですが最近、自我が強くなってきたみたいで、自分の思うようにいかないと大泣きします。ひどいときは、自分で頭をグーでたたいたり引っかいたりしま…
この時期の子は多かれ少なかれこのような行動をとって、自分の感情を表現します…
「イヤイヤ 困ってます」「卒乳の仕方は?」……
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…