1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 幼児食と朝ごはん

育児用語辞典

幼児食と朝ごはん

生活リズムづくりは、朝ごはんを食べることからスタート

 朝ごはんを食べると、エネルギーが補給されて体温が上がり始め、体と脳に刺激が伝わります。それで体が目覚め、一日を元気に過ごすスイッチが入ります。朝ごはんを食べる習慣をつけると、早起き早寝になり、午前中から活発に活動できます。また胃腸が刺激されて、排便の習慣がついて体内リズムも整います。
 体と心が著しく成長する幼児期は三度の食事でしっかり5大栄養素(糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)をとることが大切です。子どもが1食で食べられる量は限られています。朝ごはんを食べればそれだけ栄養をとる機会が得られます。朝ごはんはごはん+魚などの主菜+根菜類や青菜などを入れたみそ汁などシンプルなものでOK。ぜひ生活リズムを整えて朝ごはんからしっかり食べましょう。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る

幼児食と朝ごはん ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

1才9カ月の息子のことで相談です。最近ようやく、しっかりとごはんを食べるようになりました。でも夕飯をしっかり食べた次の日の朝は、麦茶と果物を少し食べるだけです。おなかがすいていないのでしょうか?夕飯の食べすぎですか?
この時期は、食事のとり方にむらがあります。よく食べたと思うと、次の食事はあまり食…
「イヤイヤ 困ってます」「卒乳の仕方は?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…